俺の早漏への対策|簡単な早漏防止薬で彼女を驚かす

早漏の定義と対策

世界的に行われた調査による所、成人男性の方の約三割の方が症状を認識しているとう結果が出ている早漏とは、二十代から三十代前半の方に多く見られ、それ以上の年齢の方にはEDのとの併発により二つの症状に悩みを抱えているケースが多いとされ、国内ではED罹患者数の推計が1800万人とも言われ、この内の約500万人に当たる三割の方が本症状を合併して併発しているとされ、男性の方にとって身近に起こりうる性的な問題や障害となる病気になります。

つい最近まで早漏の定義というものは存在していたものの非常に曖昧な部分が多く明確な基準を持たない事から自己判断も難しく、闇雲な情報摂取により思い込みによる発症となる事も有り、そういった事から2008年に学会により三つの定義が発表されこれまで曖昧だった定義を明確にし自己判断からも対策が行える様になりました。

一つに時間的な事が挙げられ、膣への挿入前や挿入後を問わず刺激や興奮により一分以内に射精するとされ、もう一つに本人の自らの意思により起こる射精感を遅らせる事が出来ないとし、もう一つがこういった症状の為に苦痛を感じているというこの三つのどれか一つにでも該当するのであれば発症している可能性が高いと考える事が出来るとしています。

早漏の対策には、早漏防止薬とされる外用薬や内服薬あるいは専門医による心理的な療法により心に介入して貰いきっかけとなる出来事を明確にする事で治療していく方法や軽度の場合にはセマンズ法といって射精感減退の方法を身に付けるトレーニング等があり、速効性を求めるのであれば早漏防止薬に頼る事が性交前に使用するだけで射精までの時間を延長させる事ができ毎回の使用が手間かも知れませんが最も効率の良い治療や対策の方法となります。

早漏防止薬として挙げられるのが外用薬であるリドカインで有り、これには剤形が二種類有るとされ一つはクリーム状の物ともう一つに液状となりスプーレータイプの物があるとしており、陰茎に直接塗布あるいは噴霧する事で陰茎の感度を鈍化させる事が出来るので刺激に耐性が無い場合には有効性を発揮し射精感を減退させる事が出来ます。

又、内服薬としては抗鬱剤の一つとされるプリリジーの投与により脳の興奮状態を鎮静させる事が出来るので射精感を減退させ約三倍の持続力を発揮してくれる薬剤になり、どちらの薬剤も性交前の使用で効果を発揮するとしています。